3社目の消費者金融を借りる時は一本化が理想です

消費者金融で借りる時は、最初はほとんどが1社からになります。しかし1社を返済する資金が不足する場合は、2社目でお金を借りる事になります。それでも資金が足りなくなれば、3社目を検討する傾向が強いです。このような事を繰り返すと、次々と支払いが膨らみ債務超過の状態になります。さらにこの状態が続くと自己破産に至る可能性もあります。

 

このような状態を食い止めるには、どこかで対策を立てる事が大切になります。その方法は様々になりますが、まずは3社目の段階で債務の一本化を検討する事が理想的になります。5社以上になると債務額が多いので、一本化すらも困難な場合が多いです。しかし3社であればまだ一本化できる範囲ですので、早めにおまとめローンを検討する方が無難になります。

 

3社であれば100万前後ですので、おまとめローンの審査に通る可能性も十分にあります。もしおまとめローンを検討する場合は、なるべく金利の低い所を選ぶ事が必要です。その場合は、消費者金融系だけでなく銀行系も検討すると良いです。最近はネット銀行もおまとめローンを扱ってますので、全般的には審査が柔軟になっています。

 

このようにして3社目で消費者金融の一本化ができた場合は、今後の返済を計画的に行う事が不可欠になります。決して債務が無くなる訳ではありませんので、月の支払額や返済回数をしっかりと確認する事が必要です。ただ計画的に支払いを行えば、以前に比べて返済はかなり容易になります。もし無事に完済できた場合は、その後の再融資も受けやすくなります。

 

専業主婦ってキャッシングを受けることができる?
専業主婦の方というと、パートの方とは違って、働いていないため、キャッシングを受けることができないと思われている方もいらっしゃると思います。しかし、クレジットカードを作るときと同じように、配偶者の方を審査対象としてお申し込みすることができますし、もちろん、キャッシングを受けることも可能です。実際、消費者金融ではとてもたくさんの専業主婦の方が、利用されています。

 

また、働いていないから、限度額が低いということもありません。一般的にお勤めされている方たちと同様に、小口のローンであれば50万円まで融資を受けることができます。おまとめローンといった大口のローンであったとしても、もちろん融資を受けることは可能です。基本的に、電話によるお申し込み方法が多く、融資方法も返済方法も銀行振り込みの方がほとんどです。

 

消費者金融では、この職種の方は、一般的に信頼があるとされており、限度額も高く設定される可能性が大きいです。配偶者の方が審査対象となっているため、お勤め先の登録も配偶者の方の会社になります。たいてい、家族には内緒で利用されている方が多いので、返済が遅れると、配偶者の会社に連絡が入ると思われている方が多いようで、基本的に延滞をされる方はあまりいらっしゃいません。そのため、信頼がある職種とされています。

 

このようなことから、正社員でお勤めされている方よりも、限度額が大きく設定される場合が多く、希望金額よりも大きく枠がつくというのも特徴の一つと言えます。利用目的は旅行やレジャーという方が多いですが、きちんと返済をされる方が多いため、最高限度額の50万円がつく方もたくさんいらっしゃいます。このように、専業主婦とは信頼されている職種なので、利用条件が整っていれば、キャッシングを受けることは可能です。